ビジネスプランコンテスト PC版
ビジネスプランコンテスト スマホ版

山形県は、本県の強みや成長が期待される技術・産業分野のテーマでのビジネスに取り組む創業者(または創業を目指す者)による「やまがたビジネスプランコンテスト」を2021年3月6日に開催しました。
出場10チームはオンラインで発表し、投資家・金融機関の方々にもご視聴いただきました。5名の審査員による審査の結果、最優秀賞(ベストビジネスプラン賞)をはじめ、4賞が決定しました。

受賞チーム
最優秀賞 (ベストビジネスプラン賞)
チーム名
森から人へ
メンバー
東範男・山田哲夫
ビジネスプラン名
“森から人へ”林業10次産業化事業
イノベーション賞
チーム名
株式会社 弘栄ドリームワークス
メンバー
菅原康弘・稲垣和美・豊田正一
ビジネスプラン名
パイプ探査ロボット「配管くん®」を核とした
設備業プラットフォーム
フューチャー賞
チーム名
FARMER’S
メンバー
中川史明・新美景司
ビジネスプラン名
“veebo”、訳あり農作物のサブスクリプション販売事業
チーム名
EATFOLKS
メンバー
三宅裕介
ビジネスプラン名
食品ロスを地産地消で解決!
AI活用の介護・給食献立作成ソリューション“楽立”
アントレプレナーシップ賞
チーム名
EnoGG株式会社
メンバー
髙橋駿斗
ビジネスプラン名
YAMAGATAアートタウン計画
コンテスト参加チーム
(10チーム)
チーム名
FARMER’S
メンバー
中川史明・新美景司
ビジネスプラン名
“veebo”、訳あり農作物のサブスクリプション販売事業
FARMERS’ メンバー
チーム名
森から人へ
メンバー
東範男・山田哲夫
ビジネスプラン名
“森から人へ”林業10次産業化事業
森から人へ メンバー
チーム名
EATFOLKS
メンバー
三宅裕介
ビジネスプラン名
食品ロスを地産地消で解決!
AI活用の介護・給食献立作成ソリューション
“楽立”
EATFOLKS メンバー
チーム名
山形県立村山産業高等学校 サトイモ・芋煮研究班
メンバー
佐藤幸亮・柴田梨奈・大津遥愛・古瀬真咲・髙橋勇人・早坂七斗・有路夕真・落合琉衣・平澤昇悟・東海林尋斗
ビジネスプラン名
「早く芋煮を食べたい!」という思いを実現!
サトイモの超促成栽培
山形県立村山産業高等学校 サトイモ・芋煮研究班 メンバー
チーム名
株式会社 弘栄ドリームワークス
メンバー
菅原康弘・稲垣和美・豊田正一
ビジネスプラン名
パイプ探査ロボット「配管くん®」を核とした
設備業プラットフォーム
株式会社 弘栄ドリームワークス メンバー
チーム名
プレミアム5
メンバー
設樂昂志・浅倉啓一・阿部綾美・阿部公一
ビジネスプラン名
端材・廃材を利用したアップサイクルビジネス
プレミアム5 メンバー
チーム名
株式会社 Rose Cheek
メンバー
奥山拓・及川三秀
ビジネスプラン名
バラから価値創造。Made in MURAYAMAを世界へ
株式会社 Rose Cheek メンバー
チーム名
EnoGG株式会社
メンバー
髙橋駿斗
ビジネスプラン名
YAMAGATAアートタウン計画
EnoGG株式会社 メンバー
チーム名
三八クリエイト
メンバー
黒宮崇之
ビジネスプラン名
人材リソースの最大化、最適化実現のための
地方中堅中小企業プラットフォーム構築
三八クリエイト メンバー
チーム名
SHIRABU LIVE
メンバー
大武貴幸・天野淳風
ビジネスプラン名
白布発!SAKEライブコマースを活用した日本酒の新規需要開拓
SHIRABU LIVE メンバー
審査員
小野寺 忠司
山形大学国際事業化研究センター
山形大学有機材料システム事業創出センター
センター長 教授
松村 茂
東北芸術工科大学デザイン工学部 教授
後藤 隆之
株式会社 山形銀行営業支援部 部長
三瓶 綾子
東北経済産業局地域経済部 産業支援課長
木村 和浩
山形県産業労働部 部長
投資家・企業
松本 晋一
株式会社 O2 代表取締役会長CEO
戸田 達昭
投資家(シナプテック株式会社 代表取締役)
小山田 有裕
株式会社 MAKOTOキャピタル ディレクター
野口 謙吾
三井住友信託銀行 取締役専務執行役員
渡邊 浩文
株式会社 荘内銀行営業推進部
コンサルティング営業室 シニアマネージャー
齊藤 繁也
山形放送株式会社 常務取締役営業局長
コンテスト (3月6日)の模様
コンテストの様子
コンテストの様子

県内外から応募があった27チームのうち書類審査を通過してコンテストに進んだのは10チーム。
1月から2回のワークショップで磨き上げてきたビジネスプランを
会場やオンライン参加の審査員、投資家、企業の方々に向けて発表しました。

コンテストの様子
コンテストの様子

発表に対し、審査員や投資家、金融機関の方々からは「一番大きな優位性は」などの質問や、
資金調達方法のアドバイスのほか、「連絡を取り合いましょう」「上場を目指すべき」などの
心強いお言葉もありました。

コンテストの様子
コンテストの様子